資格取得で就職や転職を有利に運ぼう

資格試験と言えば、医師や弁護士などの難しい国家試験を連想してしまうかもしれませんが、実は資格には他にも公的資格や民間資格などの種類があります。しかも最近では、インターネットを利用してオンラインで受験できる資格が増えてきました。

資格の種類と試験形式の種類

ruhi1

資格の種類としては、大きく分けて3つあります。1つめは、国や国から委託を受けた機関が実施する「国家資格」。2つめは、国家資格と民間資格の中間に位置付けられる「公的資格」。3つめは、民間団体や企業が独自の審査基準を設けて任意で認定する「民間資格」です。

試験形式は、昔からある筆記試験やマークシートの他に、CBT(Computer Based Testing)方式という、インターネットを利用してパソコンで受験する試験があります。手軽に受験できるので、資格取得の入り口としてオススメです。

CBT方式だと受験会場や日時の融通がききやすい

複数のパソコンとインターネット環境を用意できる、専門学校や公共機関などが受験会場になっていることが多いです。そのため、都合に合わせて受験日や受験会場を選ぶことができます。仕事で忙しい社会人には嬉しいシステムです。

受験可能な日が複数あるので、もしも不合格になってしまった場合には、翌週に受け直すなんてことも可能かもしれません。または、2級を取得した翌月にすぐ1級を受験できる、というパターンも有り得ます。

CBT方式の試験は受験費用がリーズナブル

ruhi2

一般的な資格試験に比べて、受験料が安めに設定されている場合が多いので、その分、たくさんの種類を受験することができます。勉強のためにスクールに通ったり、テキストや参考書を買うためのお金も必要ですから、複数の資格を取得したいときには助かります。

CBT方式なら試験結果がすぐにわかる

従来の試験方式では、合格発表までの日々を落ち着かない気分で過ごさなければなりませんでした。合格していれば心おきなく遊べるし、不合格ならば勉強し直さなければなりませんが、不安なままではどちらも手につかず、無為な日々を過ごしてしまいかねません。

その点、CBT方式ならば合否判定がすぐに出るため、時間を有効に活用できます。申し込みがネットからできたり、受験料の支払いがクレジットカードやコンビニでの振り込みに対応していたりと、受験を志してから結果が出るまでの流れもかなりスムーズになってきています。

資格は、ないよりはあったほうが就職や転職に有利です。たとえ仕事と無関係の資格でも、面接時の話題作りに一役買ってくれたりもします。仕事ですぐに役立つ国家資格から、楽しく学べる趣味の資格まで、バラエティーも豊富です。この機会にぜひ、資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ただし、世の中には「サムライ商法」という資格取得に関する詐欺も存在しますので、怪しいなと感じたら、弁護士や消費者センターなどにご相談ください。

弁護士の主な職務はなんですか?

一般民事

弁護士と関わる機会というのは日常的にあるものではありません。

ruhi3

だから、多くの人は弁護士の職務内容についてあまり認識をしていないのが実情かと思います。

しかしもし何かトラブルが発生した場合にはお世話になる可能性もあるので、ある程度知っておくことも必要でしょう。

まず、弁護士の行なう職務内容は大別すると「一般民事」、「企業法務」、そして「刑事」の3つになります。

これらについて簡単に説明すると、一般民事とは主に一般人から依頼を受ける民事上の法律問題に関する職務を指し、過払い金の返還請求などがその例に当たります。

相手が企業や組織でも、依頼人が一般人であれば一般民事になるのです。

企業法務と刑事

次に、企業法務は法人が依頼人で、法律問題に関する職務を行ないます。

その内容は多岐に亘り、商事事件や企業統治、渉外事項、税務関係、ファイナンスやM&Aなどが相当します。

そしてテレビドラマなどでお馴染みの刑事は、被疑者や被告人の弁護を主な業務とします。

ruhi4

公判での法廷活動をはじめ、不起訴、保釈、示談など依頼者の有利になるための活動や拘留中の被疑者と外部との連絡係を行なうなど、これもその業務はさまざまです。

このように職務内容が分かれその業務内容もいろいろとなると、弁護士の中でも得意分野や不得意分野が生じるのは仕方のないことです。

したがって、弁護士に依頼する際にはその弁護士がこちらの案件に強いかどうか、またはその案件の得意な弁護士は誰かを確認してから依頼を行なうことも肝心です。

弁護士に依頼しようと思う時あなたは自分で解決しますか?

あなたが弁護士に相談しようと思う時ってどんな場合でしょうか。

たとえば誰かに嫌がらせを受けていた場合、弁護士に相談するでしょうか。

ほとんどの人は「そんな大げさなこと…」と考えてそこまでしないに違いありませんよね。

特に相手が身近な人間ならなおさらです。

何とかできる範囲自分自身で解決したいと思うはずです。

それでもだめなら知人や友達に相談するという人もいるでしょう。

けれども、嫌がらせの状況がひどくなってきたなら事情は異なりますよね。

ひどすぎる状態になってしまってから警察に相談しても、警察は実際に犯罪が起こってからでないと行動してくれません。

最近ではストーカー犯罪などが多発していますからそれなりの対応をしてくれるかもしれませんが、期待薄と考えたほうがいいでしょう。

専門家の力が期待から現実となる

そこで最終的に思いつくのが弁護士です。

ruhi5

嫌がらせの内容によっては、それが違法な行為である場合もあります。

そうすれば法律に基づいて行為の差し止めを行なったり罰則を科することも可能です。

けれどもそれが違法行為でなければ手出しはできないかというと、弁護士を通じて相手にやめるように伝えることで抑止力が期待できるのです。

また、嫌がらせで受けた行為に対する損害賠償を求めることもできます。

たとえば、精神的苦痛を受けて日常生活に支障をきたしたとか、ノイローゼになった、病気に罹ってしまったといった場合には、通院時の治療費や会社を休んだ休業補償の請求、さらには精神的苦痛に対する慰謝料の請求も可能です。

ただし、弁護士を立てたという行為により相手が却って反発して、嫌がらせが激しくなったり人間関係が悪化する危険性があることも考える必要があります。

その点も併せて、弁護士に相談するといいでしょう。