弁護士の支払い費用の内容を教えて下さい

「実費」とはどんなもの?

弁護士に依頼する際に掛かるお金は、報酬だけではない点も認識しておかなければなりません。

たとえば、「実費」です。

これは事案を処理するために必ず必要な出費で、一旦弁護士が立て替え払いをしているケースがほとんどです。

例を挙げれば、裁判所に支払う印紙代や記録謄写費がそうですし、保証金や鑑定料などの出費が必要なケースもあるでしょう。

細かいものでは、切手代などの通信費もそれに相当します。

出張が必要であれば交通費や宿泊費、日当などの請求も加算されます。

もし弁護士報酬は値切れても、実費を値切ることはできませんよ。

弁護士に依頼をする際には依頼内容を具体的に説明して事前に費用見積もりを取ることをおススメしますが、こういった実費は実際に案件に取り掛かってみないと知ることはできません。

したがって、ある程度の出費の幅を見込んでおかなければいざ支払いという際に困ってしまうことにもなりかねません。

職務内容や案件、職域などによって異なりますが、依頼人が弁護士に依頼した場合に支払う費用は「弁護士報酬」と「実費」に大別できます。

このうち実費は案件を処理する際に必ず出費の必要なもので、たとえば印紙代や役所から取り寄せる公的書類代、出張に行ったならその交通費や宿泊代などが相当します。

これらは弁護士が立て替え払いをしていて、のちにまとめて請求されることがほとんどです。

事前調査も必要

また、弁護士業務に対する「標準価格」というのものは存在しません。

あくまでも弁護士それぞれが設定しているので、同じ案件でも掛かる費用は弁護士によって異なります。

ですから、依頼する前に費用やその弁護士の評判などを調べておくことも大切です。

必ずしも費用の高い弁護士=いい弁護士とは限りませんよ。

報酬の中身

弁護士報酬とは案件を処理してもらったいわゆる「お礼」で、この中には着手金や手数料、相談料、顧問料などさまざまなものが含まれています。

この算定方法としては「着手金、報酬金方式」と「時間制報酬方式」が主なものです。

前者は案件の処理1件についての報酬という考え方で、まず仕事をお願いした時点で支払う着手金、それから処理が終わった時点でそれに対するお礼として支払う報酬金があります。

後者は案件の処理に掛かる時間で報酬が決まるという方法で1時間につきいくらという計算になり、弁護士が案件に費やした時間が多ければ多いほど支払いは増えるというわけです。

どちらがいいというのはケースバイケースなので何ともいえません。