弁護士事務所のCMが目立つようになった

弁護士は身近な存在?

最近、テレビやラジオで弁護士事務所のコマーシャルを目にしたり耳にすることが多くなったと思いませんか。

弁護士もコマーシャルをする時代になったのかと、ちょっと不思議な感がします。

以前までは弁護士なんて特別な人の関わるもの、普通に生活している自分には関係ないと考えていた人も少なくなかったはずです。

けれども近頃は世の中の移り変わりとともに、弁護士が決して遠い存在ではなくなってきたのかもしれません。

今や法律は身近な存在となり、それを扱う弁護士も一般の人々にも近しい関係となりつつあるのでしょう。

世の中の変化

しかし考え方によっては、世の中にさまざまなトラブルがたくさん発生しているということもいえるのかもしれません。

これまではお互いの話し合いなどで決着していた事柄が、それぞれの言い分を押し通そうとした結果、示談などで解決できなくなってきているのかもしれないのです。

人間関係の変化が、弁護士もコマーシャルをする時代にさせたともいえるかもしれません。

加えて、弁護士もただ相談に来るのを待っているだけでは運営が成り立たないような世知辛い世の中になったという理由も考えられますね。