離婚したいけど弁護士に相談する費用が解りません!

どれくらい掛かるのか心配…

弁護士に相談をしたいけれどもいったいいくらくらい費用が掛かるのか心配で躊躇しているという人もいるのではないでしょうか。

日本弁護士協会で報酬や着手金についての相場を公開していますが、実際のところは弁護士費用に決まった金額というのはなくそれぞれの弁護士によって差があります。

ここで、弁護士への依頼で件数の多い離婚事由を例に挙げて目安の金額を紹介してみましょう。

離婚相談の場合

依頼の内容は、夫のDVが原因で妻が離婚を希望した場合と設定します。

母親は子供の親権と慰謝料200万円を夫に請求したところ夫はそれらを受け入れ、加えて子供の養育費として月々3万円が支払われることとなりました。

離婚調停の場合、着手金は20~30万円、報奨金も同じく20~30万円程度が相場のようです。

もし離婚調停が不調に終わり訴訟になった場合には、10万円程度の着手金が追加されます。

さらに訴訟を受任したならば着手金が30万円程度必要となります。

すぐに決着した場合はいいのですが、このように調停、裁判と結論が長引いたり、裁判自体も長期に亘ると費用が追加で掛かることとなる点を認識しておきましょう。

裁判に掛かった費用をも相手に請求できればいいのですが、裁判の勝ち負けに関わらず費用は自分持ちという場合もあるので、この点についても事前に弁護士に相談しておくといいでしょう。